FC2ブログ
2005 09 / 08 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month
20050929-04014997-jijp-spo-.jpg



岡田監督・コーチ陣・今岡・金本をはじめてする選手のみなさん
優勝おめでとうございます。

特番をはしごしながら、3時過ぎに夢の中に・・・。

本当に、いいバースデープレゼントを貰いましたわ。

今日は感無量でございます。
スポンサーサイト



p12.jpg


明日、この瞬間がやってくる・・・。

そして、俺がまた一つ年をとる・・。

思い出の1日になる事を祈るだけだ。
2911_main.jpg


やれやれ、釣りから完全に離れた3連休であった・・・。
結婚式に出席したり、東京から友人が来ていたので神戸に行っ
たりと、息つく暇もなくあっけなく終わった。

って話しは変わるが、たまたまTVを見ていると懐かしいラジコ
ンが復刻するっていうニュースがやっていた。
この名前を聞くと、懐かしいって声をあげるだろう、30過ぎの
人達・・・。
今日は釣りと同等、いやそれ以上に好きなのがタイガースネタ
と言った所。もの心ついた頃には、家族が阪神ファンって事も
あって、手元にはデイリースポーツがいつもあった。
近所のおっさんが「チケットあまってるから、甲子園行くぞ」
みたいなノリで何度か連れていってもらった記憶がある。
多分、暗黒時代と呼ばれた、めちゃくちゃ弱かった時代だったの
かも知れん。勝った試合を見た記憶がない。
3連休の最終日、何かと今週の週末に行事があるので、その為の
お買い物がてら、ミナミへ。まずは、赤ちゃんグッズの事なら、
「アカチャン本舗」へ。多分、ベビーが産まれた・妊娠したなら
ここへ必ず足を運びなさいと言わんばかりの、ベビー専門百貨店
と言った所かな。もう、娘が産まれてから何回来たんだろう。
ここにやってくると、本当に出生率過去最低のニュースに疑いた
くもなるほど、ベビーカーを押した人達で混雑している。

ただいつも気になるんだなー、優しくないんですなこの建物。
2005.09.20 青野釣行記9
うーん、秋になってきました。バス釣りをする人間にとっては、
首を長ーくして待ってた季節が到来!バスにとっても心地がいい
し、何しろあの全てのやる気を失う暑さから解放されるのがもう
サイコー!さて、気分よく仕事を片付けてきたblitzが3時に我が
家へ到着。青野へ向けて、何もしがらみもないまま出発!

1時間後には、まだまだ真っ暗の中、青野川サイドの青空駐車場
に到着。3連休初日っていう事もあり、すでに車が数台、夜明け
を待ってました。さすがに、外は肌寒いを通り越して、さむい。
1ヶ月前では考えられないくらい、絶好のコンディションだ。
天気予報も曇りというからには、さぞかし、本日は期待大だ。
2005.09.12 休日の戯言
image.jpg


やっと、うるさい選挙カーに解放され、家族孝行の土日。
土曜日に家にいると、あー今頃あのあたりで釣りしてんねやって
思う禁断症状に追われながら、西宮の友人宅へ足を運んだ。
俺の大好きな甲子園もすぐ近くで、自転車で行ける距離やし
青野ダムだって、ココからだと1時間圏内やし、会社も30分圏内
でおーすべてが揃ってるやん。前もこの友人宅へ来た時もそんな
事を思い出しながら、実は俺にとっては、好都合の場所がココに
はあった。2~3年前にこのあたりを知っていたら、間違い無く
引っ越ししてたかも知れん。たしかに、このJR甲子園口という
場所は、便利だとは聞いていたが、これ程便利だとは思わんか
った。心の底から引っ越したいって思わん何かがそこにはあった
ね。やはり、俺だけの心情だけでは、もうあかんレベルだわ。

takara_01.jpg


「ポンプ故障の為臨時休業します」
続きは、この看板からスタートします。最近、必ず寄っている
温泉にこのような立て看板が・・・・あちゃ、朝までどうしよう
って考えていると、blitzがいいとこがあるってなもんで、新し
い温泉へ向け出発。「宝乃湯」というこりゃまた、贅沢な外観と
大きな駐車場。その大きな駐車場が満杯状態・・みんな、行く所
が無いと、こういう所に来るんだな。料金700円、銭湯に比べて
若干高めだが、ぎょうさん風呂があること、あること。しかも
天然温泉。中を見ると、車が多いのにやけに余裕があること。
さすがにゆとりがあるので、満喫する事に。
土・日と夕~朝方にかけて青野ダムへと行ってきました。
3週間ぶりって事で、いつも以上に気合いが入ってましたわ。
っと思いきや、いきなりでばなをくじく事件が発生・・・。

blitzが我が家に車でやってきて、マンション下に下りてみると
何やら様子がおかしい。blitzが必死でドアをこじ開けている。